日本パーツセンター

スーパー高性能防雪柵

特長

【NETIS登録No.HR-120009-A】

●高規格道路対応
柵背面(風上側)に設けた「偏向板」と「有孔折板」とのノズル効果により最適な効果を生み出し、視程確保距離が30%向上した(従来比)。

●斜風対応
吹雪流入角が道路に対して直角〜10°までのあらゆる道路に適応できる。

●コストダウン
柵の風下側に飛雪が堆雪しないので道路の路肩に設置でき、これにより高速道路などの盛土部では柵高さを低くできる。

●景観緩和
湾曲形状により、ドライバーに対して圧迫感を緩和できる。

●安全性
オフシーズン時の収納作業は重機などを使わず、安全に作業ができる。
(NETIS登録技術「防雪柵の自動収納工法」を採用した場合)

CADデータ・施工実績

関連情報